車が高すぎる!車が買えない貧乏人なら原付・原付二種がおすすめ

The following two tabs change content below.
管理人

管理人

ニート、フリーター、ヒモ、日雇い、違法業者、AV業者、事業の廃業、税金の滞納による差し押さえ、借金生活など、数多くの底辺経験を持つ当サイトの管理人。学歴は中卒で現在無職。

突然だけど、車ってめちゃくちゃ高いよね。

車自体が高いのはもちろんのこと、維持費を考えるととてもじゃないけど貧乏人には手がでない。

やっすい中古車なら買えないこともないけど、数十万円で買えるようなボロ中古だと燃費は悪いし内部もボロボロ。結局ガソリン代や車検代で高くつく。

今回はそんな車の高さと原付・原付二種の安さについて語る。

どれくらい稼いでいれば車を維持できるか

外に出るとみんな当たり前のように車に乗っているが、車は本当に高い。

もちろん安い車は安いが、今時の機能をフル装備すると軽自動車でも200万円を超えるような時代。税金だって上がる一方だ。今はガソリンも馬鹿高いし。

実際問題、昔と違って今時の若者は車を持たないというか持てない人が多い。

「若者のクルマ離れ」なんて言われているが、離れているのは金だ。金に余裕があれば車を買う人は多いだろう。

いくら交通機関が発達していて生活に必要ないと言っても、車があればより便利なのは間違いないのだから。

一般的に車の維持費はガソリン代・保険・税金などで月3万円前後はかかると言われている。普通車なら3万円強、軽自動車なら3万円弱。

これに加えて車自体のローン代、車検代、都会なら駐車場代がさらにプラスされる。

底辺と呼ばれる年収300万円未満では、そうとう無理しないと維持できない。維持できたとしても、まともに貯金はできないだろう。新車の購入なんてとんでもない。

まともな普通車を購入して問題なく維持するには、少なくとも社会人の平均収入はないと厳しい。

原付バイクなら底辺でも確実に維持できる

その点、我々底辺御用達の移動手段である原付バイクは、とんでもない維持費の安さを誇る。

まず車両代。原付は新車でも20万円程度。古めの中古なら数万円程度で買えるものも多い。

車だと怖いが、原付ならお店じゃなくて個人売買で買うのもありだ。普通に乗る分には問題ないレベルの原付が1万円とかで手に入ったりもする。

車であまりにもボロい中古車を買うと、車検やメンテでかえって高くついたりすることもあるが、原付ならあまり関係ない。

車検はないし基本乗り潰しだ。燃費に関してはもちろん新しいバイクの方が良いが、原付って時点でガソリン代は大してかからないので、大差はない。

アパートやマンションでも原付なら自転車扱いで駐車場代が無料のところも多い。かかっても1万円とか取られることはまずない。

その他の自動車税や自賠責保険を考えても、原付は安い人なら月1,000~2,000円程度の維持費しかかからない。

任意保険も車と比べるとずっと安いし、親が協力してくれるならファミリーバイク特約という月額数百円程度の超激安保険をつけることも可能。

原付二種ならコスパ最強で制限もなし

出典:PCX | Honda

そんな原付でも、底辺層の足として最強とまでは言えない。

MAXで時速60km程度しか出ないし、そもそも時速30km制限だ。二段階右折とかいう原付特有のクソ面倒くさいルールもある。

となると、理想は50cc以上125cc未満のいわゆる「原付二種」だ。原付二種、略して原二は“コスパ最強の乗り物”との呼び声も高い。

税金を含む維持費の全てが原付とほぼ変わらず、性能は大幅にUP。なによりも速度制限や二段階右折などの制限から解放される。また、125cc未満の原二ならファミリーバイク特約が利用できる。

お金や性能の面だけでなく、見た目も原付二種の方が比較的かっこいいと思う。

今流行りのPCXなんかは結構かっこいい。現行の原付はダサいのばっかりだしね。

原付・原付二種のデメリット

原付や原付二種はお金は全然かからないが、その分車にはないデメリットも多い。

原付は捕まりやすい

50ccの原付の大きなデメリットとして、捕まりやすいというところがある。

先ほども触れたが、原付は30km制限や二段階右折など、あまりにも制限が多い。

常に時速30kmで走るなんて現実的には無理なので、いつでもねずみ捕りに捕まる可能性がある。

原二は車の免許では乗れない

原付二種の大きなデメリットとして、車の免許や原付の免許では乗れないというところがある。

原付二種に乗るには、小型二輪免許、もしくは普通二輪免許が必要だ。

二輪免許を持っていない場合、原二に乗るためにはわざわざ教習所に通ってまとまったお金を払って免許を取得しなきゃいけないので、結構大変だ。

やたら抜かれるし煽られる

原付はトロトロ走ってて車にとってクソ邪魔なので、すごい抜かれるしすごい煽られる。

原二は原付と違ってずっと速いので公道の流れにはだいたい乗れるが、原付と勘違いされるため、無理やり抜かされて危ない思いをしたりする。

雨の日は地獄

これはバイク全てに共通した大きなデメリットだが、雨の日は地獄だ。特に冬の雨なんかは最悪。

雨風が強い日は車が心の底から羨ましくなるだろう。こればかりは耐えるしかない。

大きな荷物は運べない

これもバイク全てに共通するデメリットで、やはり車と違って荷物は全然運べない。

これはまあ仕方ないことである。

事故ったら死ぬ

個人的にバイクの一番のデメリットは事故ったら死ぬ確率が高いことだと思う。いくら自分が安全運転していても貰い事故だとどうしようもない。

車だったら車が破損して済む程度の事故でも、バイクだと即死だったりするので、なかなか怖い。

なので、お金に困ってないなら素直に車に乗った方がいいと思うが、車に乗る金がないんじゃリスクを取るしかないのだ。貧乏はつらい。

まとめ

  • 車を持つのはまともな収入がないときつい
  • 原付や原二なら車と比べてお金は全然かからない
  • ただしデメリットも多く、事故ったら死ぬ

以上、参考にされたし。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

管理人

ニート、フリーター、ヒモ、日雇い、違法業者、AV業者、事業の廃業、税金の滞納による差し押さえ、借金生活など、数多くの底辺経験を持つ当サイトの管理人。学歴は中卒で現在無職。