お金持ちと貧乏人は価値観や金銭感覚が違いすぎて仲良くなれない

The following two tabs change content below.
管理人

管理人

ニート、フリーター、ヒモ、日雇い、違法業者、AV業者、事業の廃業、税金の滞納による差し押さえ、借金生活など、数多くの底辺経験を持つ当サイトの管理人。学歴は中卒で現在無職。

会食イメージ

先日、自営業をやっていた頃の繋がりで、複数人の元同業者と会食をする機会があった。

私は昨年たまたま上手くいっていた時期が少しあったが、今は実質廃業状態の無職。貯金もほぼ0。おまけに天涯孤独。文句無しの底辺だ。

他のメンバーは現役で年収1億円以上の収入があり、個人資産も数億円持っていて、幸せな家庭を築いている文句無しの成功者であり富裕層。

そんな真逆な人間たちとの会話に2~3時間くらい参加して、はっきりとわかった。

お金持ち(成功者)と底辺が出会っても仲良くはなれない。

そう思った理由をお話しよう。

なお、「お前のコミュニケーション能力が低いだけでは?」というツッコミは受け付けない。

金銭感覚が違いすぎて話が合わない

まず、当然ながら金銭感覚が違いすぎる。金銭感覚の違いはとても大きい。

若い頃の友人と金銭感覚が合わなくなって疎遠になっていった経験のある人は多いだろう。

元々がド貧困だった成金系の成功者だとしても、一度成功すると金銭感覚というのはいっきに変わる。むしろ成金の方が金銭感覚はおかしくなる。

成功者は自然と付き合う人間も変わるし、生活のレベルが上がれば上がるほど環境も良くなり、もっと稼げるようになるものだ。

そんな金銭感覚が違いすぎる人間と会話をするとどうなるか。

金銭感覚があまりにも違うと、いちいち会話が噛み合わないという現象が起こる。

たとえば何か困ったことがあっても、「〇〇すればいいじゃん」とお金でなんでも解決できてしまうため、どうも話が合わない。欲しい物も全て手に入れている。

趣味・嗜好・興味も変わってくる。わかりやすく言えば、底辺はスマホゲームやパチンコの話ばっかりの中、お金持ちは仕事やお金の話ばっかりみたいな感じ。

株式投資、税金対策、資産分散、どの話題もついていけるはずがないし、底辺の人生には必要のないものばっかりだ。

他にも食事や生活に関する細かい話など、全ての物に対していちいち値段を気にする私の発言や考えは、どうもイライラさせてしまう。

貧乏人には全く理解できないステージだが、彼らは今現在はもちろんのこと、将来のお金の悩みからももう解放されているのだ。

すでに老後の分なら余裕で蓄えてある資産があって、さらに毎年億の金額を稼いでいるのだから価値観が合うはずがない。

彼らは彼らなりにいろいろとお金の悩みや将来への不安はあるようだが、貧乏人の悩みや不安と比べたらそんなのは無いようなもんだ。

何億も持ってる人でも将来が不安な世の中なら、貯金無し無職の私は今すぐ発狂して死ななきゃいけないレベルである。

仕事や稼ぐことに対する考え方・価値観が全く違う

底辺にとって、仕事は生きるための手段だ。食い扶持のために仕事を探し、生き残るために働く。

しかし、お金持ちは違う。すでに仕事なんかしなくても一生困らないのだから当然だ。

彼らはビジネスやお金儲けが好きなのだ。楽しいからやる。楽しいことをやる。それだけの話。

私は自営業者として「これからどうやって生き残っていくか」を考えていたが、彼らの場合は「おもしろいビジネスや投資先はないか」を考える。

遥か下層のステージにいる私とは、同じ業界の同じ事業者でも、全くもって考えや話が合わないというわけだ。

稼ぎが大きく違うと、時間の価値も大きく変わる。

世の中には時給800円で時間を切り売りして生活している底辺もいるし、大して働かなくても毎日100万円以上のお金が入ってくる人もいる。

時間の価値があまりにも違いすぎると、価値観が合うわけがない。

仲良くなれる例外パターン

利害関係が全くない若い頃の友人とは、人生のステージが全く異なっても仲が良いままでいられるケースがある。

古い友人なら古い友人なほどその傾向が高いと言える。同級生や幼馴染、昔の戦友なんかが当てはまる。

他にも、大人になってから出会えて、人生のステージ関係なく利害関係抜きで仲良くなれるパターンと言えば、趣味仲間だろう。

今はSNSなどのネットを通じてディープな趣味仲間を作ることができるため、いい歳してから真の仲間ができるケースは結構ある。

趣味仲間の場合は趣味の話オンリーでいくらでも話せるし、趣味に対する価値観が一致するだけでいいので、富裕層と底辺でも仲良くなれたりする。

もちろん趣味にかけられるお金は全然変わってくるが、趣味に対する情熱や知識、実力などがあれば問題ない。趣味にもよるが。

富裕層と底辺は全く別の世界の人間

お金持ちたちは貧乏人を見下しているわけでもなく、関わりたくないのではない。関わっても何も話が合わないのだ。

価値観や金銭感覚が違いすぎて、人生における楽しい事や悩み事などが全く共有・共感できないのだから仕方ない。

中には底辺を見下しまくってるお金持ちもいるが、基本的には嫌味でもなんでもなく、底辺層のことは全く別の世界の人間たちと思っていると思う。

スポンサーリンク